医師転職サイト(転職エージェント)は、「自力では医師求人を探せなかった人」や、「今すぐ転職したい医師」には良いサービスです。なお、紹介には個人情報の登録が必要です。

事前確認

※ 転職サイトは、採用に困っている施設に医師を紹介して収益を上げています。求職者は無料ですが、求人側に年収の20〜35%の紹介料が請求されています。

全国対応のおすすめ医師転職サイトランキング




医師転職サイトランキング 2024
No 転職サイト おすすめ求人の特徴
1 ジョブメドレー ジョブメドレーに登録している医療機関や介護施設の求人など

ジョブメドレー

ジョブメドレー-医師
ジョブメドレーの特徴・評判
  • 応募内容はすぐに直接事業所に届くのでスムーズ
  • 事業所からのスカウトや、希望に合った求人がメール・LINEで届く

運営会社:株式会社メドレー
所在地:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー13F

働き方 パート常勤
対象年齢 35-44歳45-54歳55-64歳65-歳
強い業種 病院

公式:job-medley.com

4月21日更新の最新求人をチェックできます。
有料職業紹介事業 13-ユ-304334




医師 転職エージェントとは

転職エージェントについて、医師の立場から

転職エージェントとは、求職者の転職活動を支援するサービスやコンサルタントを指します。

ジョブメドレーなど、医師専門の転職エージェントについても同様です。

求職者(サービスに登録した医師)の希望に応じて求人情報を紹介したり、転職に必要な書類の作成や面接のアドバイスを行ったりします。

転職エージェントは求人者からの委託や、ハローワーク、インディードなどの求人サイトから求人情報を収集します。その情報を元に求職者に転職先を提案(斡旋)します。

登録した医師は、自分で求人情報を探す手間を省き、「すぐに転職できる求人」を紹介してもらう事ができます。

→ メリット・デメリット

人材紹介会社経由の採用は、急ぎで医師を採用したい時におすすめ

医療機関や介護施設は、医師専門の転職エージェントを利用することで、転職先を探している医師に迅速にアプローチすることができます。

「急ぎで医師を1人採用したいけど、なかなか応募が来ない」という場合におすすめの採用方法です。

ただし、希望する人材を紹介してもらえる可能性が低いこと、他の採用法と比較して離職率が高いこと、採用コストが高いことなどのデメリットもあります。

→ メリット・デメリット

具体的には、医師転職エージェントは医療機関や、介護施設に対して以下のようなサービスを提供しています。

  • 求人広告の制作・掲載
  • 人材紹介サービス
  • 面接のセッティングや調整
  • 採用後のフォロー

医師が転職サイトを使う際の注意点

非公開求人ドットコムでは、おすすめ医師転職サイトを紹介していますが、その人の状況によっては、医師転職サイトを使用しない方が良いケースもあります。

例えば、医師の「専門技術」や「専門業務」に関する情報を知りたい場合などです。
転職エージェントは、医療従事者ではないので、欲しい専門的な情報を聞き出せない場合がほとんどです。あくまでも雇用条件や求人事情に関する情報しか聞き出せないと思っておきましょう。

また、医師の応募者が多い人気の職場では、転職サイトの紹介を受けた人が不利になるケースがあります。なぜなら、人材会社からの紹介を受けて採用すると、紹介料(想定年収の20〜35%)という採用コストがかかるからです。
もちろん、直接応募してきた場合は紹介料がかからないので、両者を天秤にかけた場合、転職サイト経由の医師が不利になるケースがほとんどです。
働きたい職場(事業所・医療施設)が決まっているなら、まずは転職サイトを使わずに直接問い合わせてみる事を強くおすすめします。

その他によく言われている事としては、自分のペースで転職活動を進めたい人や、履歴書の添削や面接日の調整、面接対策などのサポートが不要な医師にとっても、あまり価値を感じられない可能性があります。

以下の特集は、採用側の立場からの話が多いですが、人材紹介会社(転職サイト)の裏事情などを知りたい人は読んでみて下さい。

転職に有利な時期について

医師の転職状況について、年間を通じて見ると1〜3月と9〜10月に新規求人が増えます。
その時期は、年度切り替えに伴う退職者の後任補充や新規開院(開業)のオープニングスタッフ募集などがあり、医師の中途採用ニーズが高まるためです。

医師求人は増えますが、求職者も増えるため、必ずしも転職に有利な時期という意味ではありませんが、転職を検討する上で参考になるかと思います。

転職エージェントを使う場合に限定すると、求職者が少ない時期(つまり、医師の応募が少ないので困っている施設が多い時期)の方が有利な事があります。

あとは、ボーナス支給のタイミングを考慮するか否かです。

医師の仕事内容・雇用形態・企業などの求人情報

仕事内容

ワクチン接種

国家資格・関連資格・職業分類

参考サイト